Press "Enter" to skip to content

違いを受け入れる/自己肯定感をあげる

ayarin 0

全てはいい方向にしかならない

 

 

そんな風に思えるようになった

 

 

 

今まで私は自分の正解不正解で物事を判断していた

だから目の前に不正解な出来事が起こると、それを正そうと躍起になり

正せないと不満が募り、自分で勝手に苦しくなっていた

 

 

 

でもその判断基準は私の中のものだから、他人には当てはまない

 

幼い頃から当たり前のように側にあった常識や美徳は、自分にとってはとても安心できるものであり、信じて疑わないもの

それと逆のことは全て非常識となり、受け入れがたいものとなる

 

 

でも他者から見ればそれは逆にその人にとっては非常識なことだったりする

 

 

自分の正解不正解を主張したところで、通じないことを知った方がどれだけ楽なことか

 

 

 

それは決して諦めるということではなく、受け入れるということになる

 

 

 




 

 

 

自分も他者も受け入れる

 

 

お互いの正解不正解を無理に理解しようとしなくていい

お互いの違いを受け入れ、共存すること

 

どちらが上でも下でもない

どちらが正解、不正解でもない

 

 

ただそこに違いがあるということを受け入れること

 

他人を無理に受け入れようとすれば、また辛くなる

 

まずは自分がそう思ったことを否定せず受け入れてみることからやってみる

 

 

 

 

違っていい

むしろ違っている方が自然だ

 

 

 

まずは自己受容から

まずは肯定しよう

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

 

 

コメントを残す